【Appium 1.4→1.5移行】iOSシミュレータが2回起動する問題

この記事は、以下の記事の続きになります。iOSアプリのE2Eテストに利用しているフレームワーク「Appium」のバージョンアップ(1.4→1.5)に関する話題です。

前記事 →【Appium 1.4→1.5移行】:nameでUI部品を指定できなくなった問題

テストは動くようになったけど…

前回の記事で、無事にAppium 1.5のテストが動くようになったのはいいんだけど、一つだけ問題が残った。

Appiumのテストでは、ひとかたまりのテストごとにシミュレータが再起動する。
例えば、テストコードをRSpec形式で書く場合には、最上位のdescribeごとに再起動する。

問題というのは、この再起動が必ず2回走るようになったということ。
順を追って状況を書くと、次のようになる。

  1. Appiumサーバが、シミュレータをブートしようとする。(←起動1回め)
  2. 失敗する。
  3. Appiumサーバが、シミュレータを再起動する。(←起動2回め)
  4. 今度は起動に成功し、テストコードを実行できる。

Appiumサーバのログで言うと、このあたり。

....
[debug] [iOS] User specified default device, letting instruments launch it
[debug] [iOS] Running ios sim reset flow
[debug] [iOS] Killing the simulator
[debug] [iOSSim] Killing all iOS Simulators
[debug] [iOS] Cleaning sim state.
....

うまく起動せずに、iOSシミュレータをリセットしているみたい。

解決策

この問題も、困っているのは僕だけじゃないだろう、と思ってググったら、やっぱり他にも困っている人がいて、Appium本家のフォーラムで相談していた。

Appium starts iOS simulator TWICE for every test

そして、このスレッドの最後に解決策が提示されていた。

With Appium 1.5.3 this is the fix:

Setting the “fullReset: true” capability fixed this for me

これはいいニュース! spec_helper.rbで行っている全体設定に追記してみる。

def desired_caps
  {
      caps: {
          platformName:  "iOS",
          versionNumber: "9.2",
          deviceName:    "iPhone 5s",
          app: '../build/iPhoneSimulator-9.0-Development/Shuffle100.app',
          fullReset: true,  # ←ここに追加!!!
      },
      appium_lib: {
          wait: 10
      }
  }
end

これで、「シミュレータの2回起動」を回避できるようになった。


このエントリーをはてなブックマークに追加