Raspberry PI上のファイルをAmazon S3にバックアップする

  • Raspberry PI2の上で、メールフィルタリング・アプリであるPOPFileを動かしている。
  • でも、Raspberry PI2の信頼性は未知数(あまり期待していない)なので、設定情報や学習データなど、大事なファイルがいつ無くなってしまってもおかしくない状況。
  • なので、Amazon S3に定期的にバックアップする仕組みを準備できないか、トライしてみた。

AWS CLIのインストールと設定

インストール

僕のRaspberry PI2では、一般的に用いられているRaspbianではなく、ごく普通のUbuntu (14.04)をインストールしていて、その上でPOPFileを動かしている。

まずはその環境からAmazon S3にアクセスできるようにするため、AWS CLIをインストールする。

$ sudo apt-get install awscli

数分ほど他のことをしている間に、インストールは無事終了した。

AWS CLIの初期設定

次は、aws configureコマンドで、アクセスキー( Access Key )情報とリージョンを設定しておく。
リージョンをちゃんと設定しておかないと、いざaws s3コマンドを使おうとする際にエラーでこけるので、要注意!

$ aws configure
AWS Access Key ID [None]: <あらかじめ取得していたAccess Key ID>
AWS Secret Access Key [None]: <あらかじめ取得していた Secret Access Key>
Default region name [None]: us-east-1
Default output format [None]:
$

この設定で、既に作成してあったバケットを参照できるか試してみる。

$ aws s3 ls s3://
2013-01-14 16:41:00 aramah
2015-10-14 00:08:14 oyatsu
$

大丈夫だ、問題無い。

POPfileバックアップ用のバケット作成

何はともあれ、ファイルを保存するためのS3バケットpopfile_backを作成する。

$ aws s3 mb s3://popfile_back
make_bucket: s3://popfile_back/
$

比較的安価なS3 STANDARD-IAを使う

今年の9月に、Amazon S3で低頻度アクセス向けのストレージクラス「Standard - IA」が利用できるようになった。
週一回POPFileのデータをバックアップする用途にはそれで十分なので、こちら↓のQiita記事を参考に、バケットの設定をしてみた。

[aws-cli]Amazon S3のバケットに、ストレージクラス「Standard – IA」を適応する

まずは、バケットのポリシー設定コマンドに入力するためのJSONファイル set_s3_standard_ia_lifecyclepolicy_config.jsonを用意する。

{
    "Bucket": "popfile_back", 
    "LifecycleConfiguration": {
        "Rules": [
            {
                "ID": "popfile_back_STANDARD_IA", 
                "Prefix": "", 
                "Status": "Enabled", 
                "Transitions": [
                    {
                        "Days": 30, 
                        "StorageClass": "STANDARD_IA"
                    }
                ]
            }
        ]
    }
}

このJSONファイルを使って、bucketのポリシー設定を行う。

$ aws s3api put-bucket-lifecycle-configuration --cli-input-json file://set_s3_standard_ia_lifecyclepolicy_config.json
$

設定できたことを確認する

$ aws s3api get-bucket-lifecycle-configuration --bucket popfile_back

このコマンドで出力されたJSONは、次の通り。

{
    "Rules": [
        {
            "Status": "Enabled",
            "Prefix": "",
            "Transitions": [
                {
                    "Days": 30,
                    "StorageClass": "STANDARD_IA"
                }
            ],
            "ID": "popfile_back_STANDARD_IA"
        }
    ]
}

ちゃんと設定できていることを確認できた。

バックアップ用スクリプトの作成

POPFileでバックアップを取っておきたいのは…

/var/lib/popfileの中身

/var/lib/popfile/にある、設定ファイルpopfile.cfgと、学習データpopfile.dbの二つ。なので、次のようなシェルスクリプト~/crons/popfile-backup-s3を用意した。

#!/bin/sh

export tgz_path=/tmp/popfile_back.tgz

echo [Backup POPFile data to S3] `date`
tar zcvf $tgz_path /var/lib/popfile/popfile.db /var/lib/popfile/popfile.cfg
/usr/bin/aws s3 cp $tgz_path s3://popfile_back

そして、このシェルスクリプトを呼び出すcron用のスクリプトを、/etc/cron.weekly/ フォルダに作成した。内容は次の通りで、動作確認ログは/tmp/backup_to_s3.logに出力する。(←手抜き)

#!/bin/bash

/home/ubuntu/crons/popfile-backup-s3 >> /tmp/backup_to_s3.log 2>&1

これで、週に一回S3にデータがバックアップされる…はず。(まだ1週間経っていないので、検証できてない。^^;)

このバックアップ先のバケットは、AWSコンソールからバージョン管理機能を有効にしておいたので、そのうち「上書きしてしまったtgzファイルの以前のバージョン」を取り出すのも試してみたいけど、今日はここまで。( ˘ω˘)


このエントリーをはてなブックマークに追加