RealForceキーボードをMacで使うための覚書

RealFoeceキーボードをMacBook Proで使えるようにした際の設定項目メモ。

1. はじめに

Macのキーボードをカスタマイズするにあたって、ツールは二つ必要。

  1. Karabiner (旧KeyKeyRemap4MacBook) : ほとんどのキー設定を行うアプリ
  2. Seil (旧PCKeyboardHack) : Karabinerでは設定できない「Caps Lockと左Ctrlの入れ替え」を設定する

2. Seilの設定

インストールした後、下図のような設定を行った。
(スクリーンショットは旧名アプリのものだけど、やるべきことは同じ。)

SeilでCapsLockを設定

要は、Change Caps Lockをチェックして、keycodeをダブルクリックし、書き換える。

3. Karabinerの設定

2014/07/25のところの設定は下図の通り。(主要部分のみ)
HHKBやParallels用の設定なども加わり、賑やかになった。

Karabinerでのキー設定

この中で、上から4つのチェックボックスは、設定ファイルprivate.xmlに自分なりの設定を記述することで設定した。

private.xmlファイルを開くには?

private.xmlファイルは、下図の要領で開く。
(スクリーンショットは旧名アプリのものだけど、やるべきことは同じ。)

Karabinerでのprivate.xmlの開き方

内容の書き方については、開発元のマニュアルページを読むと分かる。

private.xmlの設定例

現時点でのprivate.xmlの設定内容は、次の通り。

4. まとめ

今のところ、本エントリーの設定でうまく動いている。

RealForceで文章を書いたりプログラミングしたりできるのは、思っていた以上の幸福感!


このエントリーをはてなブックマークに追加