ロンドン旅行2日目: シャーロック・ホームズ博物館 (Sherlock Holmes Museum)

こちらの続きです。→ 1日目


ロンドン最初の観光は、シャーロック・ホームズ博物館まで行っていることにした。

ホテルの朝

朝6時過ぎに目が覚め、6時半から利用可能な1Fのレストランに朝食を食べにきたんだけど…。
その時点での外は、暗い。奥さんに6時半前に最寄り駅まで送ってもらったときには、十分に明るかったのに…。

ロンドンの6時半は暗い

で、これは後から気がついたんだけど、イギリスはまだ夏時間なのだった。だから、日本で言うところの5時半。
なるほど、それなら暗いよね。

朝食は、イングリッシュ・ブレクファストのビュッフェ。温かい料理がありがたい。食べられるだけ食べておこう、と頑張る。

ホテルの温かい朝食

席に着くときに、紅茶かコーヒーかを聞かれて、コーヒーと答えると、でっかいコーヒーポットとミルクポットを置いて行ってくれた。何というか、でかい。

朝食のコーヒーポット

早々に食事は済ませたが、オフピークの安い時間帯に地下鉄に乗りたかったので、出発は9時半ということに。
でも、パソコンで調べ物などをしていると、あっという間に9時半になってしまった。

地下鉄で移動

これから毎日お世話になる、Gloucester Road駅。この日は雨模様。

二日目の朝の駅

この日の午前中は、シャーロック・ホームズ博物館に行くことにした。

Green Parkで地下鉄を乗り換えたのだが、まさかこれがPiccadilly Line(ピカデリー線)以外の路線に乗る唯一の機会になろうとは…。Piccadilly Line、便利すぎる!ヽ(´ー`)ノ

唯一の地下鉄乗り換え

地下鉄のホームの見栄えは、どの駅も見事なまでに同じ。どこへ行っても、こんな感じ。

地下鉄のホーム

そして、Baker Street駅に到着。もうホームの壁からこんな感じ。

Baker Street駅ののホーム

旅行中ずっと感じていたんだけど、駅の中は本当に映画の広告が多い。他の産業は何をしているのか?と思うぐらいに。
ハリウッド映画を字幕無しで楽しめる文化というのは、こういうことなんだろうか。

駅に溢れる映画の広告

地下鉄の車両は、蒲鉾みたい。

かまぼこ?列車

丸いよ。狭いよ。イギリス人は日本人よりずっと大きいのに。

Too Small for English?

地下鉄を降りて

駅の外に出ても、やっぱり雨模様。同じロンドンなんだから、当たり前か。

雨のベーカー街

そして、道を「いかにもロンドン!」という2階建てバスが走っている!
でも、なんで現地の人は、この程度だとあまり傘を差さないの?すぐやんじゃうから?

傘を差さないイギリス人

駅から5分ほど歩いたかな?ベーカー街221Bに到着。

博物館に到着

博物館の中

脇のギフトショップで入場券を買い、少し並んで順番待ち。 それでも10分と経たずに、中に入ることができた。

これは、ワトソンが従軍医だった頃に持ち歩いていたカバンかな。

駅から5分ほど歩いたかな?ベーカー街221Bに到着。

従軍医のカバン?

その他、部屋の小物の数々。

小物いろいろ

その中の、ガラスケースに入っていたこれは、スイスのガイドブック!
「最後の事件」ですね。

スイスのガイドブック!

きっと、今の「懐中電灯」に相当するランプだな。

懐中?ランプ

気分に合わせてパイプも選んでいた、ということか。

たくさんのパイプ

来場者が暖炉の前のソファに座って、記念写真を撮影できる。
皆この写真は撮りたいので、順番待ちの列ができていた。
このシャーロック・ホームズ博物館の中で、一番待った場所かも。

撮影スポットの暖炉

順番が来て、実際にそのソファに座ってみた。

暖炉前の眺め

写真を撮ってくれる連れがいないので、なんとか自分撮りしようと奮闘していたら、やはり一人で来ていた女性が声をかけてくれた!
おかげで、二人ともこういう写真を撮ることができた。めでたい。

ぼっち同士で交代撮影

これは、ワトソンがロンドンで持ち歩いていた医療器具カバン、かな?

普段使いの医者カバン?

ホームズの活躍が翌日の新聞に載った、という体の切り出しかと思っていたけど、これは辞典だな!オックスフォード大辞典とか、そういうノリだな!

辞典上のホームズ

これは、ホームズが普段持ち歩いていたもの、ということかな?
クラシックな拳銃がいい感じ。

ホームズのかばん?

色々なエピソードで出てきた凶器(刃物)の展示とか…

凶器の数々

「六つのナポレオン」に出てくる胸像とか。(笑)

ナポレオン像

最上階の様子

最上階には、主要人物の蝋人形、というところも、ちょっとロンドンっぽいかも。
そういえば、割と近くに「マダム・タッソーの蝋人形館」もあったな。もの凄い行列だった。

これが、博物館公式のホームズらしい。

蝋人形ホームズ

そして、ワトソン君。
BBC版のホームズの印象が強いせいか、「このワトソンは若いな!」という印象を受ける。

蝋人形ワトソン

モリアーティ御大。ま、彼はこんなもんでしょう。

蝋人形モリアーティ教授

赤毛組合の彼も蝋人形に。(笑)

蝋人形の赤毛氏

彼の手元を覗き込むと、ちゃんとストーリー通り、辞典の見出しを律儀に写していた。

赤毛氏の書き物

221Bの窓から見た外の様子。

窓からの眺め

下宿としては、かなりリッチな場所な気がする。

窓からの眺め、その2

パスカヴィル家の犬とも記念撮影。

パスカヴィル家の犬と

当時のトイレっぽい。陶器製。そして、ちゃんと水洗!

トイレ

小屋裏スペースには、スーツケースが押し込んであった。

小屋裏 スペース

一通り見終えて

「この博物館で何か買ってきて!」と彩野に強い要望をもらっていたので、 このあとギフトショップに戻って土産物をあれこれ買い込む。

博物館の去り際に、ホームズの格好をした係員の人とも撮らせてもらった。

Selfy

来たときにはいなかった、スコットランド・ヤードの警官風の係員。

スコットランドヤードの警官

博物館の隣のカフェ。「ホームズもここで飲んだよ!」って。

隣のカフェの黒板

道路標識は緑が基調になっていた。

道路標識

メリルボーン・ハイストリート

ベーカー街を離れて、地球の歩き方で「街歩きが楽しい」と紹介されていたメリルボーン・ハイストリートという通りを目指す。
このあたりでトイレに行きたくなったんだけど、ロンドンではなかなかトイレが見つからない。さっきのシャーロック・ホームズ博物館にも無かったし。
出入り自由な感じの教会にはトイレが無いかな?と思って入ってみたけど、やっぱり無い。残念!
(トイレは、結局メリルボーンのスタバで借りた。^^;)

トイレを求めて駆け込んだ教会

そして、オシャレな通りに辿り着く。

オシャレな通り!

これがメリルボーン・ハイストリートなのですね。なるほど。

ここがメリルボーン・ハイストリート

ここから先は、雨が強くなって傘で手がふさがってしまったことや、とにかくトイレに入りたかったこともあり、あまり写真を撮れず。
スタバで温かいコーヒーを仕入れつつ、トイレを借りた後は、落ち着いて散歩。台所用品店で、佐代子に頼まれていた「クッキーなどの型」を買ったりもした。
そのお店の中では、料理教室が開かれていたんだけど、漏れ聞こえてくる講師の女性の声が「いかにもイギリス英語」なアクセントなのが面白かった。

これで午前中の行程を終え、ホテルに帰ることにする。

一度ホテルへ

朝食をたっぷり食べたせいか、胃がもたれていたので、近くのスーパーで買ったサンドイッチだけで昼食を済ませる。


そして、午後に続く!→ 2日目PM 自然史博物館


このエントリーをはてなブックマークに追加